座ったままできる腰痛ストレッチ

人間はそもそも立っているよりも

座っているときのほうが骨盤の状態は不安定になり

腰への血行も悪くなります。

特に足を組んだり、極端な猫背でパソコンをのぞき込ん

でいたりすると、どんどん骨盤の状態が悪くなり、腰痛

も引き越しかねません。

 

「もうすでに腰痛だよ」という声が聞こえてきそうですが、

だからと言って体を放っておいてもいいことはありません。

骨盤の状態が悪くなると体の循環は滞り、疲労はますます溜まる一方です。

 

そこで、お勧めなのが、

座ったままできる腰痛防止ストレッチ

こんな人におすすめ

★仕事の空いた時間

★待ち時間を使って

★なるべく大きな動作がなく、目立たないでできる

仕事の効率アップも間違いなし!積極的にチャレンジしてみてください。   

ふとももの裏側
画像をクリック

ハムストリング

(ふとももの裏側)のストレッチ

ハムストリングは骨盤の坐骨という骨に

ついており、

疲労してくると骨盤の歪みを引き起こします。

ここを柔らかくすることにより

骨盤の柔軟性も上がり歪みにくくなります。

やり方

椅子に浅く腰かけて片膝を

まっすぐ伸ばします。

背筋を伸ばしたままゆっくり

体を前に倒していきます。

これはパソコンの画面をみながらでも

できるのでお勧めです。

座ったまま、太ももの裏を意識してください。
この姿勢のまま片足を前に出します。

背筋を伸ばしたまま前に身体を倒していきます。
*ポイントは顎を上げて前を見て息を吐きながら伸ばすこと!                
赤いラインにある筋肉が伸びていればOKです。

中殿筋(骨盤の外側)
画像をクリック

中殿筋(骨盤の外側)のストレッチ

中殿筋は骨盤の左右の広がりを抑える筋肉です。

骨盤が広がると骨盤の間にある仙骨が傾きやすく

なって、腰痛の原因となります。

腰痛予防にはとても大事な筋肉なので、

しっかりストレッチしましょう。

やり方

片方の膝を立てて反対側の足をまたぎ、

立膝を自分の方に引き寄せます。

腰の筋肉
画像をクリック

腰方形筋(腰の筋肉)のストレッチ

腰方形筋とは、骨盤から肋骨についているまさに腰の筋肉です。

疲労してくるとこの筋肉自体が炎症を起こし腰痛になります。

 

やり方

1. 椅子に座った状態で体を斜めに倒していきます。

2. そのとき、股関節から前に倒してしまうと

 この筋肉は全然伸ばすことができません。

    腰の筋肉を伸ばすように背中を丸めながら

  前にたおしていきます。

3. これらのすとれっちは腰の筋肉を

  痛めないように

     20秒かけてゆっくり行っていきましょう。

 

姿勢を正し骨盤から肋骨の間についている
腰の筋肉を意識してください(赤いライン)

ゆっくりと横斜めに身体を倒していき、                  伸ばした方の腰側の肩を内側に丸めながら伸ばす。
(一度、体を横に倒してから丸めていくと伸ばしやすいです。) 赤いラインが伸びていればOKです。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

042-452-7187
営業時間
平日     10:00~21:00
土・日・祝日 9:00~19:00
(最終受付:営業終了1時間前)
定休日
年末年始
西東京市 整体

インターネット限定キャンペーン

高気圧酸素カプセル

60分  2,980円
学割  2,300円
(学生証をお持ちください)
※延長できます。


オリンピックや選手権などを目指すアスリートから主婦やご年配の方まで幅広い層の方が利用されています。

疲労回復はもちろん、怪我の回復力アップ、美容にも最適です。また初めての方も丁寧に説明しますので、安心してご利用ください。

 

営業時間

営業日
 

10時~21時

× ×
9時~19時

×

× × × ×
営業時間

平日 10:00〜21:00
土日祝 9:00〜19:00
最終受付は営業終了の1時間前

ネット予約24時間受け付けております。

休業日

不定休 月1水曜日

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

042-452-7187

11月スタッフ出番表 

12月19日(水)は社員研修の為お休みを頂きます。