ストレスや食生活からくる胃腸の疲れに効果大
「内臓マニピュレーション」

 

【内臓マニピュレーションとは】

ストレスや食生活などで疲れている内臓の張りやかたさをやわらげ、各臓器の働きを促すことで疲労回復をするコースです。

 

【内臓マニピュレーションの目的】

胃腸を中心とした、各臓器の疲れ(張りやかたさ、動きづらさ)を解消することで疲労回復を促します。

 

【こんな方におすすめ!】

※ 肩こりや腰痛など、筋肉のもみほぐしで十分な軽さが見られなかった方にも効果的です。

 

□ 朝起きたときに疲れを感じる方

 

□ 腰痛の方

 

□ 夜、寝つきの悪い方

 

□ からだの冷えを感じる方

 

□ 胃腸の調子の悪い方

 

【内臓マニピュレーションの効果】
1・肩こり、腰痛の緩和

前重心になってしまって感じる肩こりには、お腹をほぐす事で姿勢が良くなり肩こりが緩和します。腸腰筋という体の前側についている腰の筋肉が張って腰痛になっている場合は、内臓をほぐし(特に大腸)その裏に位置している腸腰筋をほぐすことにより楽になります。

 

2・お腹の張りがやわらぐ
疲れが溜まって張っているお腹の血流を促進し、緊張をやわらげることで、お腹がやわらかくなります。


3・お腹の不快感が解消する
各臓器の張りや内臓全体の血流を促進させることで、凝ってかたくなっていた内臓がやわらぎ、不快感が解消します。


4・回復力の向上
肝臓の疲れを解消することで、体内の解毒効果を中心とした機能が回復します。肝臓の働きが向上し、身体の回復力が高まることで、体内に充満していた老廃物を除去し、朝のだるさがやわらぎます。

 

【内臓マニピュレーションの流れ】

ベッドに仰向けで寝ていただきます。

お腹から足までタオルをかけます(内臓マニピュレーションは、タオルの上から行います)。

優しくお腹の状態を診ていき、かたいところや、張りのあるところを確認します。

お腹の状態に合わせて内臓をほぐしていき、本来の動きを取り戻していきます。

※ 妊娠中、癌、内臓に急性の炎症のある方はお断りさせて頂いております

 

【内臓マニピュレーションの説明】

疲れやストレス、運動不足や不良姿勢、体の歪み・冷え、薬の副作用、内臓下垂などによって内臓の働きが弱まり、各臓器の動きが低下いきます。動きの悪い状態が続くと、内臓への血流や自律神経の働きなどが低下します。

それによって、各臓器やそれに関連する部分にも大きな影響を及ぼし、体調不良(消化不良・胃の不快感・お腹の張り・体のだるさ・腰痛・背中の張り)などを引き起こします。

内臓の動きはいずれも微細なものですが、その運動は1日に数千回も繰り返されています。そのため、動きが制限されると内臓のストレスは少しずつ確実に蓄積されてしまうのです。

内臓マニピュレーションでは、各臓器の疲れや張りを取り除き、動きを回復させ、正常な働きを取り戻します。

元気よく活発に働けるように手助けをしていきます。

 

 

 

お腹の調子が悪いと感じている方は、是非一度受けてみてください。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

042-452-7187
営業時間
平日     10:00~21:00
土・日・祝日 9:00~19:00
(最終受付:営業終了1時間前)
定休日
年末年始
水曜日

初回限定 割引

はじめて来店の方でライン友達登録で特別割引で施術を受けられます!

簡単!登録方法

やり方は簡単こちらからQRコードを読み取れば完了です。
後日来店した時にスタッフに「ライン特典使いたい」とお伝えください。こちらで確認できたら割引させていただきます。

友だち追加
042-452-7187

営業時間

営業日
 

10時~21時

× ×
9時~19時

×

× × × ×
営業時間

平日 10:00〜21:00
土日祝 9:00〜19:00
最終受付は営業終了の1時間前

ネット予約24時間受け付けております。

休業日

水曜日

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

042-452-7187

2月スタッフ出番表 

※画像をクリックすると拡大します。
※2月から水曜日が定休日になります。

3月スタッフ出番表 

※画像をクリックすると拡大します。
※水曜日が定休日になります。